中古車買取業者の査定額はどのように決まる?相場と買取りの関係とは

-スポンサードリンク-

中古車の委託販売って何?

車の売却を検討している人の中には「委託販売」を検討に入れている方もおられるかもしれませんね。中古車の委託販売というのは、中古車販売店に自分の車の営業販売を依頼して、車が売れたら販売手数料を支払うという形の売却方法です。車が売れた時にだけ手数料が発生することや、車売却時の手続きなどを一括して中古車販売店にお任せできるというメリットがあります。以下、中古車販売を選択した場合の手続きなどについて解説します。
◎中古車の委託販売の手数料
委託販売で車が売れた時には販売業者に手数料を支払うことになりますが、手数料の金額は販売業者によって大きく違うというのが実情です。手数料の定め方もさまざまで、「販売代金の10%」という形もあれば、「一律で10万円」といったような形で定めていることもあります。手数料に関してはトラブルにつながる可能性もあるので事前に合意事項を書面で決定しておくことが大切です。

また、成約時の手数料とは他に車両保管料などの名目で料金を徴収されることも少なからずあります。また、一ヶ月などの販売期間を設けてその都度手数料を見直すというような形をとっている業者も多いようです。委託販売を選択する場合には事前に契約内容をよく確認しておくことが大切です。

-スポンサードリンク-

◎中古車の委託販売のデメリット
現在、中古車の委託販売を選択する人は非常に少数派といえます。一般の車ユーザーから中古車の委託販売を請け負っている業者そのものが少ないことも原因ですが、規模の小さい販売業者の場合には価格を大幅に引き下げないと車がそもそも売れないという実情があります。

車の販売価格が引き下げられると当然ですが車の持ち主の取り分も少なくなる上、そこから販売手数料や保管料をとられると手元にはほとんどお金が残らなかった・・・。なんてことにもなりかねません。販売業者との付き合いがある、などの事情がない限り、一般ユーザーが委託販売を選択するメリットは少ないと言えます。
◎まとめ
以上、中古車の委託販売のメリット・デメリットについて解説してみました。中古車の売却は現在では中古車買取業者などで買取をしてもらうのが主流となっているので中古車の委託販売を利用する人は少数派です。一括査定などを上手に利用すれば業者同士に上手に競合してもらいながら査定額をアップさせることは可能なので、身内に業者の人がいるなどの事情がない限り委託販売を選択する大きなメリットは少ないかもしれませんね。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です