中古車を下取りに出すメリットとデメリット|損しないで車を売る為に

-スポンサードリンク-

車を下取りに出すメリットとデメリットを教えて。

-スポンサードリンク-

車を新車に乗り換える時にはいまの愛車はなんらかの方法で処分する必要がありますよね。一般的には新車を購入する予定のディーラーに下取りに出す方法と、中古車買取業者に買い取ってもらう方法の2つがありますが、ここでは下取りのメリットとデメリットについて解説します。参考にしてみてくださいね。
◎車下取りのメリット
車下取りのメリットは何と言っても手続きが簡単なことです。新車を購入する予定のディーラーで下取り金額を出してもらえば、一回の手続きで現在の旧車の売却と新車の購入を完了することができます。ディーラーさんとの付き合いがある場合や、少しでも早く車を乗り換えたいという場合にはディーラーの下取りも選択肢に入れてみてもいいかもしれませんね。
◎車下取りのデメリット
ディーラーからすると、下取りは実質的には新車購入時の値引きとして処理されるので、新車の販売台数を伸ばすために「下取り価格をアップしておきましたよ」ということをアピールしてくることも多いです。こちら側に十分な情報がないと「この金額ならいい方なのかな・・・」となんとなくで古い方の車の売却を決めてしまいがちですが、ちょっと注意が必要です。
ディーラーが出してくる旧社の査定額は一般的に中古車買取業者の査定額よりも低くなりがちなのです。特に車にオプションをつけている場合には中古車買取業者の方が高く買い取ってくれる可能性が高いです。中古車買取業者に査定額を出してもらうことはネット経由で無料でできるので、ディーラーに下取りを依頼する前に必ず中古車買取業者の概算見積もりをいくつか手元に準備しておくようにしましょう(買取の査定額は以下で解説するように一括査定サイトで無料で簡単に手に入れることができます)
◎下取りを検討する前に一括査定でだいたいの金額を把握しておこう
一括査定サイトを利用すれば、愛車の車種や年式、走行距離などを入力するだけでだいたいの金額を査定してもらうことが可能です。本来、複数の査定士さんに査定額を出してもらうためには自分で中古車買取業者をハシゴする必要がありますが、ネットの一括査定を利用すれば一回の入力作業だけで複数の業者から見積もりを出してもらうことが可能ですよ。複数の業者から査定額を出してもらったら、一番高い値段をつけてくれたところに実際に車を見てもらいましょう。別の査定業者が出してくれた金額も交渉のネタとして使えるので、高額査定につながりますよ。
◎まとめ
今回はディーラーでの車の下取りのメリットとデメリットについて解説しました。基本的に高額査定を狙うのであれば中古車買取業者での買取がおすすめです(現在の愛車を高く買い取ってもらえれば新車にかけられるお金も余裕がでますよね)が、下取りでも手続きが一回で済むなどのメリットもあります。乗り換えに関わる手間をできるだけ省きたいという場合であれば下取りも選択肢に入れておくと良いでしょう。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です