中古車査定前にタイヤが減っていたら交換しておいた方が高くなる?

-スポンサードリンク-

車査定前にはタイヤ交換はした方がお得?

車の売却を考えるときには中古車買取業者やディーラーで査定を受ける必要があります。少しでも高い値段をつけてもらうためにも、タイヤ交換をするべきかどうか?は気になるところですよね(特に走行距離が多い車の場合)

車は走行距離が多くなってくると自然とタイヤの溝がすり減ってきます。5〜6mmの磨耗があると運転にかなり支障が出てくると言われていますね(ハンドル操作が効きにくくなったり、ロードノイズがひどくなったりします)。タイヤを実際に目で確認してみると、溝の残りが1.6mm程度になると「スリップサイン」が出てきます。スリップサインが出ているタイヤは法律上交換が義務付けられています。

一般的にタイヤは5000kmほど走行するごとに1mmほど磨耗してくるので、タイヤの寿命はだいたい30000kmごとに交換すると考えておくのが目安です。タイヤの減り具合は査定額にも大きな影響が出るので、査定に出すまでの期間を考えて交換のタイミングを計るようにしましょう(下記で解説させていただくように、査定直前に交換する必要はありませんが、現在のタイヤの状態がよくない場合で車を売却する時期がある程度先であるなら交換も視野に入れておくとトータルで考えて手元に残るお金が多くなるかもしれません)
◎タイヤ交換は基本的にやらなくてOK
すでに車の査定直前の場合、費用とコスト面から考えて「タイヤ交換はしない」のが基本です。タイヤ交換は4本まとめてやると1万円以上かかるのが普通です。インチ数の大きいタイヤの場合はさらに高額になることもありますので、査定額のプラス幅から考えてタイヤの交換はしないのが賢いやり方と言えます。

-スポンサードリンク-

中古車買取業者などは業者同士の修理ルートがあるので、一般人がタイヤ交換するよりもかなり安い費用で交換できます。そのため古いタイヤでも思ったより減額されなかったということもあります。

◎査定時にできる範囲でやっておくと良いこと
査定時のタイヤに関しては基本的にお金をかけずにできる範囲のことにとどめておきましょう。洗車しておくことや傷が目立つ場合にはワックスがけでできるだけ目立たないようにしておくと良いです。

また、車の査定は業者によって金額的に大きな差がでるケースが大半です。買取業社によって得意分野が違うので、「同じ車なのにこんなに買取金額が違うの?」という結果になることもあります。

なので、できれば複数の査定業者に査定をしてもらって、一番高い値段をつけてくれた業者に対して売却を検討するのが賢いやり方です(一社だけに査定を依頼してその場で決めてしまうと大損してしまう可能性があるので注意しましょう)



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です