修理歴がある車は事故車でなくても買取り査定額には影響する?

-スポンサードリンク-

修理歴がつくのは事故でなくても買取り査定には影響する?

一般的には事故車と言われることが多い「修復歴車」ですが、愛車を修復歴車とみなされると買取査定額が大幅に減額されてしまうというのは聞いたことがあると思います。

また、事故じゃないけれど車の修復を行っている場合にはどうなの?と疑問に思っている方もおられるかもしれません。

ここでは修復歴車と買取査定の関係について確認しておきましょう。

重要なのは事故の有無よりも「修復歴車」とみなされるかどうか

実際の査定額に影響を与えるのは、車の修復を行った原因が事故か、それ以外の理由か?よりも、その車が「修復歴車」と判断されるかどうかという点です。

修復歴車というのは明確に定義が決まっていて、フレームやラジエーターコアサポート、フロアなど車の主要部分9カ所のうち、どれか1つでも交換を行ったり、修復したことがある車のことを言います。

つまり、車の骨組みのような重要な部分について修理や交換の履歴があるかどうかが重要ということですね。

これは事故に寄らなくても車検の時などに自然な劣化を原因として交換が行われる場合もあります。

逆に、自宅でよその車が駐車する時に自分の車と接触した、ゆっくり走っている時にガードレールに軽くこすってしまったなどの修復で、車の骨組み部分の修理に至ったいないケースでは、一般的には「事故」と考えられるような場合でも「修復歴車」とはみなされないことになります。

-スポンサードリンク-

修復歴車とみなされない場合にはそうである場合に比較して査定額も大幅には減額されません。

査定での交渉時には言葉の使い方に注意!

ここまでご説明したことをまとめると、要するに「修復歴車」とみなされてしまうことはできるかぎり避けましょう、ということですね。

そのため、買取査定で車を査定士さんに診てもらっている時に「この車修復歴があるので価格下がっちゃいますよね??」などと口を滑らせてしまうと、本来は修復歴車とはみなされない事故車であっても査定にマイナス要素を自ら加えてしまうことになりかねません。

少なくとも、こちらが単なる事故車と修復歴車との違いをきちんと把握していますよ、ということを査定交渉の場で相手に伝わるようにしておくと思わぬ損をしてしまうことは避けられるでしょう。

例えば「車の前方部分をちょっとぶつけたことがあるんですね?」と確認された時に「そうなんです。でもインサイドパネルまではいってなかったんで割と軽くで済んだんですよね」といったように返しておくと、査定を行う側としても「この人は修復歴車の意味について理解しているんだな」ということを伝えることができるでしょう。

査定士さんは敵視する必要はありませんが、まったくのしろうとと思われるよりも手強い相手と思ってもらえた方が高額査定につながるのは間違いないですよ。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です