車の所有者本人以外が車を買取り査定して売る事はできるのか

-スポンサードリンク-

基本的に車の所有者でないと車を売る事はできない

「親や親族の名義となっている車を売ってもらうように依頼された」というケースや、「学生時代に親名義で購入してもらった車が古くなったので売りたい」という場合には他人名義の車を売ることになりますね。

結論から言うと、他人が所有している車であっても売却することは可能です。ただし、委任状の作成など手続きが必要になります。

所有者が健在な場合には委任状などを準備し、委任者と受任者双方の氏名・住所を記入した上でと実印を押せば、依頼を受けた人であっても買取業者などと取引を成立させることができます。

ただし、最終的に車の売買を完了するためには車の所有者の印鑑証明や実印が必要になります。

その他にもそろえる必要のある書類はすべて所有者本人のものとなります。役所などでこれらの書類を取得する際にも委任状が必要となります。

所有者が何度か引越しをしている場合には住民票や住民票の除票が必要となるケースもあるので、事前に準備しておく必要がありますよ。

車を売る時は委任状の「委任者名義」に注意

委任状には「委任者(手続きをお願いする人)」と「受任者(手続きを代行する人)」の2名の名前や住所を記載する必要があります。

注意しておくべきなのはこの「委任者の名義」です。委任者名には「車検証に乗っている人の名前」を書くに必要があります。

しかし、特に多いのが「自分や親族の名義になっていると思っていたのに、ローン会社の名義になっている場合」です。
以下、このケースについてみてみましょう。

-スポンサードリンク-

車の所有者名義がローン会社になっている場合はどうしたらいい

車を購入する際にローンで購入したという場合には、車の所有者名義がローン会社となっていることもあります。

特にディーラーの分割クレジットを利用している場合などにはディーラーの名義となっている可能性が高いでしょう。

その際には車を売るためには所有者名義をローン会社から自分に変更する必要があります。
名義となっているローン会社に連絡をとり、「車を売りたいので、名義変更の手続きをしてほしい」と依頼するようにしましょう。

もちろん、所有者名義を変更するためにはローンの完済がされていることが条件となります。

ローンの支払い途中で車を売りたい場合は?

「まだローンの支払いが残っているけれど、車を売ってしまいたい」という場合には、ローンの組み替えや残債の一括返済などによって以前のローンを一旦清算する必要があります。

クレジット会社などによっては手続きに時間が掛かることがありますので、できれば車の査定と同時進行でこちらの手続きも進めておきましょう。

・所有者なくなっている場合には手続きが複雑になることも
「親が亡くなったので自分が代わって車の売却手続きを行いたい」というような場合には手続きが複雑になってしまうことがあります。

特に、相続財産がたくさんある場合には相続人全員で財産の処分について合意をした上でなければ、自動車を勝手に処分することができません。

もし、他の相続人の権利を害してしま形で勝手に自動車を売却してしまうと、売却をした人が代金を返金することを求められる可能性もあるので注意しましょう。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です