ステーションワゴンを高く売る!買取り査定額をあげるポイントを紹介

-スポンサードリンク-

ステーションワゴンを高く売るための方法とポイント

ハッチバックの大容量とセダンタイプの走行安定性(静音性)を持ち合わせているステーションワゴンは定番で人気の高い車ですね。

トヨタならプリウスアルファやカローラフィールダー、ホンダフィットのステーションワゴンタイプ(フィットシャトル)や、日産のウイングロードなども人気が高い車種です。マツダの高級ラインのアテンザもステーションワゴンタイプが定番といえるかもしれませんね。

人気の車種は当然中古車として売る際にも高額査定につながる可能性が高いです。ここではステーションワゴンの車を売却する際に高額査定を引き出すためのポイントについてまとめてみます。

◎走行距離は年間1万kmが平均

どちらかというと「燃費が悪い」というイメージのあるステーションワゴンですが、走行距離に関しては「年間1万km」を基準としてこの基準との差異によってプラス査定になるかマイナス査定になるかが決まります。

例えば10年間のった車の場合は、1万km × 10年間=10万kmが基準となるので、走行距離が8万kmの場合はプラス査定、走行距離11万kmだとマイナス査定になる傾向があります。

ご自分の車の年式と走行距離の関係を把握した上で査定に臨めば査定士さんがどのあたりを見ているのか?というポイントも把握できるので交渉もしやすいですよ。

-スポンサードリンク-

◎査定直前に修理は不要

高額査定を受けるために、査定を受ける前に外装や内装の傷は修理しておくという人も多いようですが、基本的に大きな傷などに関しては修理はなしでOKです。なぜかというと修理の費用のほうが高くつく場合のほうが多いからです。

もちろん小さな傷であればカー用品店などで手に入るリペア用品を使って簡単に補修しておくと良いです。車の傷に関しては中古車買取り業者によって扱いが異なるポイント(修理業車と強いパイプのある買取業車の場合は修理のコストも低いため、傷のある車でも高額査定してくれる可能性も高い)です。そのため、ネット一括査定などを活用して複数の業者とコンタクトをとって同時進行で交渉するようにしましょう。

◎喫煙車やペットの臭いは早めの対策を

喫煙をする車やペットを乗せることの多かった車というのは自分では気付かない臭いが付いているものです。特に喫煙車は残念ながら最低ではマイナスポイントとなります。

臭いの対策はカー用品店の消臭剤(炭タイプのものがおすすめ)で最低限のことをやっておくと良いですが、できるだけ早くから対策を行っておくのがポイントです。ご自分の新車購入と現在の愛車売却のタイミングを見据えて、数ヶ月〜年間単位で臭い対策を行っておくと中古車査定でも高額査定を引き出せる可能性は高まりますよ。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です