車を売る時は車の取り扱い説明書もあった方が良いの?

-スポンサードリンク-

車を売るときには車の取扱説明書は必須とはされないことが多いです。ですが、用意できるのであれば用意しておくと査定額アップにもつながる傾向があります。

新車として購入した際のメーカー保証書、整備手帳(点検記録簿)、取扱説明書の3つが揃っている場合にはプラス査定として処理されることが多いようです。

これは中古車としてその車を後で購入する人がいた場合に、取扱説明書があるかないかで車に慣れるまでの期間がかなりかわってくるためです。

ハイブリッド車などは運転席のメーター周りの見方が独特だったりするので、取扱説明書がついているかは重要な査定ポイントとされることも多いです。

高額査定を引き出すことを狙うなら、これら3つの書類は必ず準備しておきたいところですね。

車の説明書は必要?車を売る際の必要書類

車を売る際には名義書換えの手続きをスムーズに行うために売主側から買主側に対して必要書類を渡す必要があります。

なお、取扱説明書はここには含まれませんので、最悪紛失している場合にはやむを得ないということになりますね(もちろん、取扱説明書をつけてあげるほうがプラス査定につながるかのうせいがあるのでつけたほうが良いです)

-スポンサードリンク-

必要書類には車検証、印鑑証明、自賠責の証書、自動車税の納税証明、リサイクル券、その他実印や振込先の口座情報です。

これらの必要書類は車の引き渡しをするときに一緒に渡すのが普通です。買取業者側はこれらの書類の不備がないことを確認した上で振り込みをしてきます。

車を買う側の立場で考えてみると、万が一売却代金の振り込みをした後に書類の不備が見つかったとして、売主と連絡が取れなくなってしまうと車の名義変更ができないということになり、売却代金まるまるを損してしまうということにもなりかねないのです。

プロの買取業車に買い取ってもらったり、ディーラーで下取りに出すなどの場合にはこうしたトラブルはほぼ考えられませんが、ヤフオクなどの個人売買で車を売る場合にはこうしたトラブルに発展することも少なくありませんので注意が必要です。

車の買取り査定を受けるだけなら車検証のみでOK

なお、車を売る際には一括査定サイトなどを経由して複数の中古車買取業者から査定を受けるのが一般的です。

査定を受けるたびに必要書類をすべて揃えておくというのはなかなか手間がかかるものですが、基本的に査定時には車検証さえ手元にある状態にしておけば査定額を出してもらえますよ。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です