国産車を高く売る!買取り査定額をアップさせるにはこの方法!

-スポンサードリンク-

国産車を高く売るための方法とポイント

車を売ることって、人生のうちでそう何度もあることではないですよね。ほとんどの人の場合は新しい車の購入に合わせて以前から乗っていた愛車を売却するということが多いでしょうが、1台の車に10年間乗ったとして一生涯で車を売る機会というのは3回か4回ほどもあれば多い方ではないでしょうか。

日本人は一般的に買い物をするときに交渉をしたりすることをあまり好みませんよね。いくら自分がお客さんだからといっても「安くしてよ、高く買い取ってよ」とあまりおおっぴらにいうことは良いこととは考えない道徳があります。

しかし、普段のお買い物ならその道徳に従っていても特に問題はありませんが、車を売るときにはそうはいっていられないのが実情です。車を売るときにしっかり価格交渉するかどうかによって査定額が10万円単位で変わってくることもあるからです。

車の査定額をたとえば10万円アップすることができれば、新車につける純正オプションを追加したり、同じ車種でもグレードを1つ上にできたりしますよね。車の査定額を10万円アップすれば、普段の買い物で安売りを意識したりする必要もなくなるかもしれません。

「でも、プロの査定士と価格交渉なんかできるの?」と思われるかもしれません。そんな方のためにここではどんなに口べたな方でもノーストレスで高額査定を引き出せる方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

◎車を高く売るためにやるたった一つのこと
車を高く売るためにやるべきことはたった一つだけです。それは実際に買取業社などに査定に来てもらう前に、ネット一括査定をやっておくことです。愛車の車種や年式などをインターネット経由で入力するだけでおおよその価格を把握することができます。実際に車の査定に来てもらう前に愛車のだいたいの市場価格を知っておけば「高く評価してくれているのか?値切られているのか?」ということが一目瞭然にわかります。

-スポンサードリンク-

また、一括査定では複数の買取業社に一括して査定依頼をすることができるので、自分や自分の愛車と相性のよい業者をすぐに見つけることができます。電話をかけてきた営業マンの雰囲気が良かったところと本格的に交渉をしてもいいですし、単純におおよその見積もりで一番高い値段をつけてくれたところを選んでもいいです。

また、一括査定を使って査定依頼を出せば、査定依頼を受ける業者の側としても「別の業者と競争している」という意識をもって査定を行いますので、「高めの値段を出さないと話に応じてもらえない」という競争原理が働きます。これは私たち消費者にとっては非常にプラスの要因に働きます。わざわざストレスを感じながら無理して苦手な価格交渉をしなくても、業者の側が勝手に「少しでも高い値段をつけないと!」と競争をしてくれるわけですからね。

◎まとめ
以上、車を高く売るためのたった一つの方法について解説しました。上手に傷を見えないようにする・・・。などの手段を教えている人もいますが、一括査定を使ってさえいればそういう面倒なことはあんまり意識しないでもOKですよ(普段からやっている最低限の洗車や車内の掃除だけでOK)。これらの細かいことをどんなに一生懸命やっても、1万円も査定額をアップしてもらえればいい方です。

それに比べて一括査定を使うか否かでは10万円単位で査定額が変わる場合もあります。業者間で競争をしてもらうというのはそれぐらい効果のある方法なんです。しかもこちらはまったくストレスや労力を感じる必要もありません。

愛車を高く査定して得した分は別に新車購入資金にあてないといけないわけではありません。だんなさんが新しい車を買う代わりに、奥さんには好きなものをプレゼントをしてあげるというような使い方でもOKですよね。

車を売るときには実際の査定を受ける前に一手間かけて一括査定を利用しておきましょう。これをやっておくだけで、高額査定を引き出す可能性をぐっと高めることができますよ。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です