中古車を売ったお金を今の車や新車のローンに当てる事はできるの?

-スポンサードリンク-

両をローンで購入した時にその車を売ってローン返済にあてる

まだローンが残っている車を売却して、その売却代金をローン残債の支払いにあてることはできるでしょうか?結論から言うと可能です。売却代金がローン残債を下回る場合でも売却代金をローン支払いに充てることは可能です。

ただし、クレジット会社との契約でその際には支払いきれなかったお金は分割ではなく一括返済を求められることが多いですね。

誰が所有者なのか?は車検証の名義でわかる

注意するべきは、車の所有者が自分でない場合にはその車を売ることができません(他人のものを売ることは法律上できません)

まずはその車が「本当に自分のものなのか?」ということを把握する必要があります。車の正式な所有者は車検証の名義が誰になっているのかを確認すればわかります。

「使用者」ではないので注意してください。使用者が自分になっていたとしても、所有者が別の人になっている場合にはその所有者の許可や委任なしにその車を売却することはできません。

信販会社が所有者となっているのはなぜ?

車検証を改めてみてみると、自分ではなくてクレジットカード会社(信販会社)の名義になっていてびっくりした、という方も多いのではないでしょうか。

-スポンサードリンク-

たしかにローンの分割払いで購入したけれど、売買契約はちゃんとしたのだから所有者は自分でないとおかしいのでは?と思われるかもしれませんが、これには理由があります。

自動車ローンは通常、購入した自動車が担保に入っているのが普通なのです。自動車が担保に入っているというのは、自動車ローンの返済が滞ってしまった場合には、その車両は信販会社が持って行ってしまいますよ、という意味です。

信販会社としては万が一車両ローンが返済されないという事態に備えて、担保権実行の手続きがやりやすいように車検証の所有者名義を信販会社のままにしておくというわけです。

この場合にローン返済中の車両を売却する方法としては、中古車買取業者に相談してなるべく高い査定額を出してもらい、代金を売買の少し前に受け取るという方法があります。

売買代金を受け取ったらすぐに車両ローン残債の返済にあてて、車の所有者名義を信販会社から自分に変更してしまうというわけです。

こうすれば自分名義の車両を売却することになりますので問題なく売買契約を結ぶことができます。

もちろん、中古車買取業者からすると代金を先払いすることになるので同意してくれるかどうかはその会社によりますが、通常は柔軟に対応してくれることが多いでしょう。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です