一括査定で即決を迫られる事はある?買取業者からの営業のかわし方

-スポンサードリンク-

一括査定で即決を迫られたらどうしたらいいの?

車の売却を考えるときには一括査定サイトを利用する方が多いと思いますが、「すぐに売るつもりはないけれど、愛車のだいたいの値段を知りたい」という人も多いかもしれませんね。新車の購入を検討はしている場合に、現在の愛車のだいたいの売却価格を知っておけば予算を決めやすいということもあります。

そんなときに「即決で決めていただけたら高額査定を出しますよ」と強気の交渉を業者からされるとちょっと迷惑という人もいるかもしれません。業者としては一括査定経由で査定の申し込みがあったということは別の業者と競争しているという意識があるので、「少しでも早く、できれば即決で売却を決めてほしい」と考えるのが普通です。

こちらのニーズ(まだ売るつもりはない)という場合には無理に業者のペースに合わせてしまうと車を売ってしまった後で「やっぱりもうちょっと考えたほうが良い買ったかも・・・」なんてことになりかねません。即決を迫ってくる業者を上手にかわす方法は知っておいて損はありませんよ。
◎即決を迫られたときのかわし方
一括査定を依頼した後には早ければ数時間後、夜遅くに査定を申し込んだ場合には翌日の早い時間帯に買取業者から電話やメールで連絡があります。だいたいの査定金額や営業マンとの相性を考慮して「ここなら実際に見に来てもらってもいいかも」と思える業者があったら車を実際に見てもらうことになります。

-スポンサードリンク-

実際に車を見に行くとなると業者としてはコストが発生しますので、少しでも早く売却を決めてもらいたいと思うのは当然です。「即決で売却を決めてもらえば査定額をアップしますよ」といったように即決をうながしてくる営業マンも少なくありません。

まだ売る気に成っていない場合には「嫁(だんな)に相談してからでないと決められないから」というのが常套句ですね。夫婦の場合お金に関わることはどちらかが決定権をもっているのが普通です。

家計はだんなさんが支えているとしてもお金に関することは奥さんに任せているという家庭も少なくないのは営業マンとしてもよく把握しています(営業マンとしては「誰が決定権をもっているのか?」は最初に考えることです)。

営業マンからしたら決定権のない人にいくら決定をうながしても時間の無駄になることはよくわかっているので、まだ売却を決めたくない場合には「自分は意思決定する人ではありませんよ」ということを早めに伝えてあげるようにしましょう。しつこい即決の交渉もストップする可能性が高いですよ。
◎まとめ
高額査定を引き出すためには複数の業者と同時進行で交渉を進めていくのが鉄則です。そのためできれば一社だけの買取業者と交渉して、即決してしまうという事態は避けたいところです。

高額査定を出してくれる業者があったら即決するのではなく、それをさらなる交渉の道具として別の業者に再度見積もりを出してもらう、ぐらいのしたたかさが必要ですよ。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です