車を買取りしてもらった後の入金は納車後になる?

-スポンサードリンク-

車の買取り査定では納車した後の入金が一般的?

自動車を売った後には当然お金が支払われることになりますが、入金のタイミングはいつなのでしょうか?

場合によっては次の車の購入資金などで早めにお金が欲しいケースもありますよね。今回は車を売った後の入金フローについて解説します。

中古車買取り業者に車を売った場合の入金

中古車買取り業者の買取りの場合は、査定が終わって売却が決まったら、まず車の引き取りが行われます。通常は車の引き取りが完了して、必要書類の不備がないかを確認してから買取り業者から売却代金の入金、という形になります。

スムーズにいくと引き取りがすんでから2,3日経ってから入金ということが多いですね。必要書類に足りないものがあったりすると後日もう一度営業マンが受け取りに来て・・・、となって時間がかかってしまうこともあるので注意しましょう。

なお、規模の小さい地域密着型の買取り業者の場合、その場で見積もりしてその場で現金を受け取り、すぐに車引き取りという形に対応していることもあります(少数派ですが)。ただし、このやり方だと別の買取り業者の査定額と比較することなしに即決するということになってしまうため、「今すぐ現金が必要!」という場合じゃない限りは避けたほうが賢明でしょう。

複数の買取り業者から見積もりを取るならネット一括査定が便利です。一回の入力作業だけで10社以上の会社から見積もりが取れる場合もあるので活用すると良いでしょう。

-スポンサードリンク-

ディーラー下取りの場合の入金

新車を買うディーラーで下取りをしてもらう場合にはもっと手続きは簡単です。査定が済んだら車検証など必要書類を揃えて新車の購入価格からの値引きという形で売却代金を受け取る形になります(現金を受け渡しするということはありません)。

ディーラー下取りは手続きが簡単な代わりに査定額も抑えられがちなので注意しましょう。

個人売買などの場合の入金

最近ではヤフオクで車を売買する人も多くなってきましたね。売買に慣れている人であればヤフオクで買主を探して売却するのも一つの手です。入金のタイミングについては完全に当事者間の取り決め次第ということになりますが、基本的には買主がお金を支払ってから引き取りに移るというのが多いですね。

特に、オプションなどを多く付けている場合にはオプションをバラして売ったり、逆に追加でオプションをつけた上で高額売却を狙うなどより柔軟な売り方ができますよ。年式や走行距離だけで判断すると安い値段しかつかない、という車でも、実はファンの間では非常にレアな車種という場合には個人売買で高く売れるケースもあります。

個人売買の場合は手続きにミスがあるとトラブルに発生するなどの注意点はありますが、慣れている人であればどんどん使ってみると良いと思いますよ。選択肢はたくさんあるほうが良いです。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です