車を売る時の手続きの手順と流れについて

-スポンサードリンク-

車を売る時の具体的な手続きと流れ

車を売るときの手続きの流れは、ディーラーの「下取り」と中古車買取業車の「買取り」のどちらを選択するかによってかなり違います。

下取りの場合の手続き

新車購入予定のディーラーで下取りしてもらう場合には基本的に書類さえ揃っていればそんなにやることはありません。

新車の購入意思をディーラーの営業マンに伝えた段階で「今乗ってらっしゃる車はどうされますか?」と確認されるのが普通ですから、売却の意思を伝えましょう。

その後は下取りの査定額を出してもらって同意すれば新車の購入価格から値引きするという形でお金が入ってきます。

ディーラー下取りは新車購入と手続きを一度に進めることができるので手続きは最低限ですみます。その代わり、査定額は中古車買取り業車の買取りよりも低くなりがちというデメリットがあります。

中古車買取り業車の買取りの場合の流れ

中古車買取り業車で買い取ってもらう場合には、まずは「どの買取り業車に依頼するか?」を決める必要があります。

近場の買取り業車にとりあえず連絡を取るという方もおられるかもしれませんが、最近ではネット一括査定を使う人が圧倒的に多いです。

自分の住所や連絡先、車の情報を入力して一括査定を依頼すると、査定サイトから買取り業車10社程度に連絡をしてくれます。

-スポンサードリンク-

その後は複数の買取り業社から連絡があるので、一番高い値段をつけてくれそうなところと実際の査定(車を実際に見に来てもらうこと)に進むと良いです。

査定交渉が済んだら必要書類を揃えて車の引き取りに来てもらいます。新車の購入に合わせて売却する場合には新車の納車がまだということも多いと思いますので、代車の依頼なども忘れずにしておきましょう。

ガリバーなどの大手中古車買取り業社であれば代車を無料で出してくれることも多いです。代車期間は1週間から2週間程度見てくれるので安心して新車購入に注力することができますね。

車の引き取りが済んで2,3日後に指定した銀行口座に売却代金の振込があるのが普通です。

中古車買取り業社の買取り手続きまとめ

中古車買取り業社の買取りを選ぶときの全体の流れとしては、

新車の購入をある程度決める(どのディーラーで買うかなど)

一括査定サイトで車の情報などの入力作業

複数の買取り業者から見積もりの連絡があるので、一番高い値段をつけてくれたところを選ぶ

実際に車を見に来てもらってさらに査定交渉

問題なければ売却。車を引き取ってもらった2日後ぐらいに入金

新車購入手続きに移る

という感じです。新車の購入手続きと旧車の売却手続きの2つを同時進行で進める必要がありますが、少しでも高く車を売って新車購入予算を増やすならこの方法がおすすめです。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です