怪しい車買取店の見分け方!3つのチェック項目で悪質業者を避ける!

-スポンサードリンク-

怪しい車買取店の見分け方を教えて!

新車購入などに伴って現在の愛車を売却する場合には、大きく分けて新車を購入する予定のディーラーで下取りしてもらう方法と、中古車買取業者に買い取ってもらう方法の2つが考えられます。

車の売買契約では個人情報などをすべて記載する必要があるので、できるだけ安心できる車買取店を知りたいという方は多いかもしれませんね。

ディーラー下取りの場合は大手会社のため安心感も高いですが、中古車買取業者の場合は少し心配という声も少なくありません。

ここでは中古車買取業者に査定をしてもらう場合の業者の見分け方などについてポイントを整理してみましょう。

◎即決を迫ってくる車買取店には注意

買取業者としてもコストをかけて出張査定などを行うので、「せっかく査定までこぎつけたからにはなんとか買取まで進みたい」と考えるのは当然です。

ただし、査定に来てもらったその場で即決(その場で売却を決めること)を求めてくるような業者には注意が必要です。

中古車とはいえ数十万円単位の取引になるので一般消費者としては躊躇(ちゅうちょ)するのが当然です。

万が一即決を求められた場合には、「別の業者とも買取交渉を進めているので」などのようにかわしておきましょう(これで機嫌が悪くなるような業者はほとんどいません)

◎査定時間は通常30分程度はかかるもの

-スポンサードリンク-

査定時間がやけに短い業者も注意が必要です。いくら慣れていると言っても査定には20分〜30分程度はかかるのが普通です。

ささっと査定してやけに高い査定額を出してくれたな・・・と思っていたら契約書締結後に減額要求をされたなんて話も聞きます。

査定では傷の有無やエンジンの状態などについては簡単な口頭での確認があるのが普通です。

◎契約後に金額が変わったりする業者には注意

上でも少し書きましたが、車の売買契約書を書いた後になにかと理由をつけて買取額を変更してこようとする業者も少なからずあるようなので注意しましょう。

もし、契約書外で現金の受け渡しがあったと主張しても書類での証拠がなければなかったのと同じとみなされても文句は言えません。振り込みが済んでいないのに車の所有権だけを先に渡してしまうなどは万が一の持ち逃げなどに合わないよう避けるようにしましょう。

◎契約書の内容をしっかり説明してくれるか?

車の売却はリサイクル料金や自動車税の戻りなど計算がややこしい部分も少なくありません。

見積書にこれらの明細が表示されていているのは当然として、その内容についてきちんと説明をしてくれない業者には注意が必要です。

◎まとめ

愛車の売却は一般人にとっては人生でそう何度もないビッグイベントです。受け渡しする金額も大きくなることが少なくないので、契約書締結のタイミングなど、細心の注意を払うようにしましょう。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です