保険金で事故車を直して売るのと解体業者に安価で売るのはどちらがお得?

-スポンサードリンク-

解体業者に売るのと修理して売るのはどちらがお得?

「事故車」といっても2種類ある
一般的に事故車というと査定額が大幅に下がってしまうイメージがありますが、車の状態によって事故車の評価が2種類ある(事故現状車と修復歴車)のをご存知でしょうか。

事故現状車とは?

事故の状況がかなりひどく、自走するのが非常に難しい(ちゃんと動いたとしても見た目的に警察に止められちゃうような状態・・・など)ものを「事故現状車」といいます。つまり事故をしたあと修復などをしていない状態の車ですね。

保険に入っている場合には保険金支払いがされていることでしょうが、事故現状車については修理した上で査定に出すよりも、事故車買取専門業車から見積りをとった上で売却または廃車を検討すると良いでしょう(この記事のちょっと下のほうで詳しく説明しています)

修復歴車とは?

修復歴車とは車の基礎的なフレーム部分に損傷がある、または損傷を直した履歴がある車のことをいいます。修復歴車は査定額を下げられてしまいがちです。

修復歴車は車の重要な部分にダメージがある場合のことをいいますので、駐車場でドアをこすってしまってそれを市販のカー用品でリペアした、ぐらいのことであれば修復歴車とはみなされません。

-スポンサードリンク-

修復歴車とみなされる損傷箇所はフレーム、クロスメンバーなど9箇所と決まっています(一般財団法人日本自動車協会のホームページで詳細を確認できます)。

修理を行ったときの修理項目の報告書などを見て、どの部位を直したのか?を把握すれば「自分の車は修理歴車とみなされるのかどうか」を判断することができますよ。

事故車は保険金で直して査定するべきか?

事故車については事故車買取の専門業者から査定を受けた上で、査定額がまったくつかないようなら解体業者に廃車を依頼するのが良いでしょう。

保険金が下りてそのお金で修理ができるといっても、修復歴車として査定額が大幅にダウンすることは避けられません。

それであれば複数の事故車買取専門店に一括査定を依頼して、相場を把握した上で廃車にするべきかどうかを検討したほうが手元に多くのお金を残すことができるでしょう。

なお、「こんな車売れないだろう」と考えて最初から解体業者に持っていくのはもったいないです。パーツなどが元気な状態であれば事故現状車でも数万円程度は査定がつくことがありますよ。

事故車の一括査定は「ズバット車買取査定」などのサイトが使いやすいです。基本的に中古車の一括査定ですが、車の情報を入力する画面では「事故の有無:有り」を選択しておけば、事故車の買取に強い専門業車から査定見積りをまとめてとることができますよ。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です