車を売るときに任意保険は自分で保険会社に解約の連絡をするの?

-スポンサードリンク-

自動車にかけられる保険としては自賠責保険・任意保険・自動車保険の3つがありますね。任意保険は自賠責保険では保証される範囲に含まれない事故などに対して保険金を受け取ることができる保険です。

任意保険に加入していないと莫大な金額の対人保証などを追ってしまう可能性がありますので、車の乗り換え時にはきちんと手続きを行っておきましょう。

車を売って乗り換えたら任意保険変更の手続きを依頼しよう

中古車買取業者に車を買い取ってもらったら、任意保険の変更手続きを行う必要があります。

保険会社に届け出ている車種や年式によっては従来加入していた保険では事故が起きたときに保険金が減額されてしまうなどの不利益を被る可能性があるのでくれぐれも注意しておきましょう。

任意保険の履歴は譲渡できる

意外に知られていないのですが、任意保険は同居の親族であれば譲ることができます。事故履歴のない投球の高い人から任意保険を譲り受けることができれば安い保険料で車に乗ることが可能になりますよ。

親族が任意保険に入っている場合には聞いてみるのも良いでしょう。

車売却後、もう車に乗らないという場合

現在の愛車を売却した後、しばらく車に乗る予定がないという場合(引越しや海外への転勤などによって車を長期間乗らな場合など)には自動車保険の「中断証明書」を取っておくと良いです。

-スポンサードリンク-

自動車保険の保険料は保険に加入していた期間や事故履歴の有無によって変化します。これまで無事故で長期間きているというような場合にはその履歴を次回に自動車保険に再加入するときに再利用できると保険料を安くできる可能性があります。

中断証明書は加入している保険会社に連絡することで簡単に取得することができます。

車両のサイズが変わる場合には保険料が大きく変わることも

軽自動車から普通車、あるいは普通車から軽自動車というようにサイズの違う車両に乗り換えるという場合には保険料がかなり変わることがあります。

一般的には軽自動車の方が任意保険料は安い傾向にあります。たとえばチューリッヒのワゴンRの任意保険料は年間21,940円、普通車のプリウスだと27,590円です。

ちなみに、軽自動車の場合は任意保険は車種によって区分がありません。そのため軽自動車から軽自動車に乗り換えたという場合には任意保険の金額は基本的に変わらないことが多いです。

普通車の場合は型式別の料率区分となっているため、普通車から普通車への乗り換えでも任意保険料がかなり変わるケースがあります。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です