車の買取り査定をしてもらった日に車は引き取られる?

-スポンサードリンク-

車査定を依頼しておおよその金額を電話などで聞いた後は、実際に査定士さんに車を見てもらうことになります。査定額が満足行くのものであればその場で即決することも可能です。

地域密着型の中古車買取業者などの場合には、見積連絡をもらって時点で「即決したい」旨を伝えておけば営業マンが現金を持参してその場で売却代金支払い、車両引き取りまで済ましてくれるところもあるようですが、ガリバーなどの大手の場合には代金引き渡しなどはすべて振り込みでしているようです。

基本、査定をしてもらったからといって、すぐに車が引き取られてしまう事はありません。

業者と相談のうえ、双方に都合の良い日程を調整し引き取られる事になります。

即金、即日引き渡しとするとトラブルにつながる可能性もあるのでできれば1週間程度は時間をとってじっくり売却交渉を進めていくほうが良いでしょう。

ですが注意点ももちろんあります。解説をしていきます。

引き渡した後にやっぱりキャンセルしたくなったら?

大手買取業者では、車を引き取ってもらった翌日までであれば無料でキャンセルできることが多いですね。

なお、引き渡し前であれば通常は売買契約がまだ成立していないとみなされるので、いつでもキャンセルできます。

-スポンサードリンク-

ただし、出張見積に来てもらって売却の話をしたあとに話を振り出しに戻すのは通常かなり営業マンに嫌がられるので、キャンセルは無理のない範囲で行うようにするのがマナーです。

引き取り時には必要書類をそろえておこう

中古車査定業者の営業マンに車の引き取りきてもらった時には、車検証などの必要書類を一緒に買取業者に引き渡す必要があります。

ここで用意しおく必要がある必要書類は車検証、自賠責保険証、自動車税納税証明、リサイクル券などです。買取業者に聞くとリストを渡してくれると思います。その他実印や印鑑証明が必要な場合もあるので事前に市役所などで取得しておくようにしましょう。

車引き取りから2,3日すると車両代金が入金になる

車を引き取ってもらった後2,3日でいよいよ売却代金が振り込まれます。

ただし、必要書類に不備があることが後日わかると振り込み入金が遅くなることが多いようです。買取業者としては必要書類を会社に持って帰り、不備がないことが確認できてから振り込みの作業に移るというところが多いようです。

引き取りに来てもらって時点で営業マンがある程度の確認を行うのが普通ですが、万が一ということもあるので入念にチェックしておきましょう。

業者としては振り込みをしてしまった後に書類不備などで車両の名義書換えができなくなるなどの事態になると困るためこのような処理になっているものと思われます。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です