ガリバーは車を買取りしてから何か文句つけて減額するってほんと?

-スポンサードリンク-

ガリバーの車買取りで気をつけること

ネット上の口コミ情報を見ていると、「ガリバーで車を売って車の引渡しが済んだ後に、査定額の変更を求められた」というケースはまれにあるようですね。

車の売主の立場からすると、すでに車をガリバー側に引き渡してしまっているので、「減額に応じないのであればキャンセル料と損害金を取ります」といわれてしまうと応じざるを得ないという状況になってしまいます。

これはかなり困った状況です。

売主側の気持ちとしては、プロの査定士が車をみて金額を出したのだから、それを後から覆すなんてどうなの?
という気持ちもありますが、修復歴を申告しなかったなどの事情がある時にはなかなか強気には出られない、ということもあるかもしれません。

ガリバーには「クレームガード保険」がある

ガリバー側としてもこうしたトラブルに関してはなるべく避けたいと考えているようです。

具体的な対応としてはガリバーでは「クレームガード保険」というものが用意されています。

これは、一定の保険料を支払うことで「査定後に減額に該当するような車のキズが見つかった場合にも、ガリバーからは減額は請求しませんよ」という内容の保険です。

-スポンサードリンク-

少し難しい言い方をすると「保険料を支払ってくれたら、売主の瑕疵担保責任は免除しますよ」ということですね。

車を売る側の立場としては売買契約の最後まで安心して話を進めるというメリットがあります。
査定額が高額になる場合には検討してみる価値はあるでしょう。

気になるのは保険料ですが、国産車の場合買取金額が30万円〜100万円以内であれば7,900円〜9,900円の保険料となっています(外国製の車の場合はもう少し割り増しの保険料となっています)

売主側が車の状態について正直に申告するのであれば、車の適正な価格を見抜けないのは査定士の腕の問題という気もします。

実際のガリバーの利用者でクレームガード保険についてはいろんな意見があるようですが、無用なトラブルには絶対に見舞われたくないという方は保険加入を検討してみる価値はあるかもしれませんね。

なお、このクレームガード保険のようなルールを設けているのは大手買取業者ではガリバーだけのようです。

こうした仕組みに疑問を感じるという方は買取業者は他にもたくさんありますので、別の買取業者を選択するようにしましょう。

一括査定サイトを利用すれば複数の買取業者から一括で見積もりを取ることが可能ですので、相性の良さそうな業者を見つけることも簡単ですよ。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です