車を持ち逃げするような詐欺業者も?売る前に車買取詐欺にご注意!

-スポンサードリンク-

車を持ち逃げするような詐欺業者って存在するの?

車を売ったり買ったり・・・というと業界独自のルールや慣行があって、一般人にはなかなかなじみがないことですよね。慣れない車の売買でトラブル(持ち逃げなど)にあってしまうような事例も一昔前まではひんぱんにあったようです。

ここでは車売却でのトラブルについて近年の状況はどうなのだろう?というところを調べてみました。調査に使ったのは国民生活センター(独立行政法人)の2016年1月末のレポートです。国民生活センターは消費者からの報告に基づいてさまざまなトラブルをあつかっています(悪質な業者に対しては是正を求めるなどの活動を行っています)

◎中古車売却のトラブル件数は減少傾向にある
国民生活センターのウェブサイトでは中古車売却に関するトラブル件数のデータが公表されています。2010年から2015年までのトラブル件数を見ると、2010年か7347件であるのにたいして2015年では4912件と減少傾向にあります。

業者側にとっても消費者とトラブルになって得することは何もありませんから、中古車買取業界でもトラブルは未然に防ぐ方向で動いて行っているのがうかがえますね。

-スポンサードリンク-

◎中古車売却トラブル最新の事例
近年はさすがに業者による車の持ち逃げなどの事例はほとんど報告されていないようです。国民生活センターのトラブル事例でもそのような事例はあげられていません(1年間に日本全国で数件ぐらい、といったレベルではあるのかもしれませんが)

最近の事例では「いま売却しないと買取額は大幅に下がってしまう」などと言われて契約した人がその後怖くなって契約の解除を申し入れたところ、高額の違約金を求められたなどのケースがあるようです。

契約書にサインした後にやっぱりやめます、というのはなかなか難しい部分もあるので、どちらに問題があるかは微妙なケースと言えるかもしれません。

その他、ヤフーオークションなどでの個人売買も最近では盛んですが、メーターの改ざんや、たった100キロ走っただけで故障してしまったなどの事例も報告されているようです。やはり中古車売買については個人相手に行うよりも、信頼のおける業者を介して行うのが安全といえそうです。

◎まとめ
一般の人にとって車を売るということは人生のうちで何度もあることではないため、トラブルに見舞われるのはできるかぎり避けたいところですね。今回ご紹介したトラブル事例などを参考に、慎重に手続きをすすめるようにしてみてください。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です