ダイハツコペンの中古車販売・買取り相場と燃費など口コミ評価まとめ

-スポンサードリンク-

ダイハツコペンの詳細

コペンは2002年よりダイハツ自動車から製造・販売されているカブリオレタイプの軽自動車です。
発売当初は軽自動車初の電動油圧ポンプによる開閉式ルーフとなっていました。
名前の由来は「KOPEN」でコペンと読むところから名づけられています。
英語で表記する時にはコンパクト(Compact)のCを使用するようになっています。

コペンの価格相場と燃費

□詳細

○自動開閉式のルーフ
オープンカーですが、自動開閉式のルーフが備わっているので雨の時でも乗ることが出来ます。
通常の使用はアクティブトップ型(自動開閉)ですが、ディタッチャブルトップ型(取り外し可能)もあるので、
より軽量化を考えている人にはこちらを選ぶことも可能です。

○上質なインテリア
高い操作性を追求、そして要所にはカーボン調パネルが使われています。
シートはホールド性を高めて、スポーティかつ上質な空間を創り上げています。
エンジン始動時にはメーターの針がスイングするオープニング機能を搭載しています。
メーターはもちろん平均燃費やアイドリングストップ時間など必要な情報をドライバーに教えてくれます。

○スポーツカーとしての拘り
高剛性の骨格「D-Frame」や、ビルシュタイン製の足回りやレカロシートといったスポーツパーツが投入されています。

□コペンの価格

1,852,200円~2,127,600円

■中古車相場

平均価格 170.9万円
価格帯 89.8万円~227万円

-スポンサードリンク-

■燃費・実燃費

カタログ燃費 22.2~25.2km/ℓ
実燃費 11.7~16.2km/ℓ

■およその維持費と税金

自動車税 10,800円
重量税 3,800円
自賠責保険 9,490円
年間維持費 24,090円 
※ガソリン代・駐車代・メンテナンス費用・任意保険別途。

コペンの口コミと評価

パッとする欧州車がなかったのでこちらを選択しました。
全体的なフォルムがとても美しく、落ち着いたインテリアも秀逸です。
メーターもみやすく非常に気に入っています。
エンジン性能も軽自動車にしては十分で、初めての軽自動車ですがとても660ccとは思えません。
取り回しもよく、ハンドルも切った分だけ曲がってくれるところが素晴らしいです。
オープンにした時の爽快感も最高で、いつもの景色とはまた違って見えます。
軽自動車にしては初期費用がかかりましたが、維持費も安いですし非常に満足です。

■コペンの評価

手軽に乗れるオープン・スポーツカーとして乗られる方が多いようです。
大型のスポーツカーを所有している方でも、コペンをセカンドカーとして乗っておられる方もおられるほど、
大変素晴らしいクオリティを持っています。
また、ルーフをアクティブとディタッチャブルのふたつから選択できる点も良心的だと言えます。
非常に人気の高いモデルなので、中古でも値段は少し高めだと言えます。
しかし前モデルだと割安になる上にデザインも秀逸なので、購入されても古さを感じさせないと思います。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です