車の傷は修理してから売る?買取り査定額が高いのは修復前?修復後?

-スポンサードリンク-

車の傷は直してから売った方が良いですか?

車の売却を行う場合には少しでも高額で査定して欲しいところですよね。新車への乗り換えを機に愛車の売却を行うという場合であれば新車購入資金を増やして1つ上のグレードを選択できたり、純正オプションを多く付けられるというメリットがあります。

愛車の外装や内装に傷がついてしまっているという場合、高額査定につなげるためにはこれを修理した上で売った方がよいでしょうか?結論から言うと大きな傷に関しては修理する必要はなし、自分でカー用品を使って改善できる程度の傷であれば修理しておくというのが賢明な選択でしょう。

◎傷修理の費用を考慮しよう
外装の比較的大きな傷(バンパーのこすり傷など)に関して言えば修理にかかる費用は3万円から5万円というのが相場だと思います。この金額をかけて修理を行った上で売却してその分のもとがとれるかというと「かなり難しい」というのが実情だと思います。

中古車買取業車は業者価格で修理を行うことができるので、一般人がかけた費用をそのまま査定額に上乗せしてしまうと利益がとれないという事情があります。

-スポンサードリンク-

それでも傷は修理した上で査定を受けてみたいというのであれば、まずは修理を行う前に査定をしてもらって「傷による査定減額がどのぐらいか?」の金額を把握しておくとよいでしょう。査定見積もりは一括査定サイトなどをつかって複数の業者から出してもらうのが賢いやり方です(複数業者から相見積もりをとることで高額査定を引き出せる可能性が高まります)

その費用を把握した上で修理業者に連絡して傷修理にどのぐらいの金額がかかるかを確認しましょう。査定での減額幅よりも修理見積もりが安ければ傷を修理に出すという選択肢も考慮してもよいかもしれません。

なお、修理業者に依頼しなくても目立たなくできる程度の傷であればカー用品店などで手に入る傷隠しグッズなどを使って自力で修理してみましょう。

◎まとめ
車査定に当たって傷の修理を行うかどうかは「修理にかかる費用が査定による減額幅を下回るならやっておく、上回るならやめておく」というのが賢い決め方です。修理業者に出さなくても隠せるような傷は自力でケアしておきましょう(査定士は傷がどこにあるかは厳しくみるので、無理に隠しても見抜かれてしまうのが大半です。基本的に隠すということはあきらめるのが賢明かもしれません)

多くの場合は傷の修理はしないほうがトータルで考えて利益になるということが多いといえます。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です