自動ブレーキとは?自動ブレーキが搭載されたおすすめ自動車10選

-スポンサードリンク-

自動ブレーキって?自動ブレーキが搭載されたおすすめ自動車10選

Automatic brake1

http://www.autobytel.com/car-buying-guides/features/10-cars-with-automatic-emergency-braking-systems-130830/

 

最近話題になっているのが自動ブレーキの義務化ですが、「そもそも自動ブレーキって何?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?今回は政府が自動ブレーキ搭載義務化を検討している背景から、自動ブレーキについて、そして自動ブレーキが搭載されたおすすめの自動車10選を大紹介します。

 

自動ブレーキが義務化になる?

Automatic brake2

http://www.autobytel.com/car-buying-guides/features/10-cars-with-automatic-emergency-braking-systems-130830/

 

政府が車の自動ブレーキを義務化にすることを考慮しているというニュースが最近話題になっています。その背景には高齢者が加害者となっている痛ましい事件の増加が挙げることができます。言うまでもなく、日本は超高齢化社会で、これからも老人の数が増加することが見込まれています。そのため疾患や意識障害が原因となる事故数は増加することも大きく予想されているのです。

 

平成26年に発生した意識障害を原因とした事故は206件だと発表されていますが、実際のところはまだまだ多い模様です。この自動ブレーキ義務化は交通安全に関する基本計画の一部です。計画に関して安倍総理大臣は次のように述べています。

 

「先端技術によって運転をサポートする様々なシステムの開発・普及に取り組むことに重点を置きました。世界をリードする交通安全社会を目指してまいります。」

 

この交通安全基本計画の目的は、2020年までに交通事故による年間死者数を2500人以下にするのが目標です。参考までに2015年の交通事故による死者数は4000人超で、高齢者の割合が増えています。この事実を受けて政府は全ての乗用車ではなく、大型車への自動ブレーキ搭載義務化や自動走行の実用化、そしてドライバーの異常を感知するシステム開発を促進することを検討しています。

 

また2020年を目標としているのには、東京オリンピックを意識していることがはっきりと表れています。現段階では大型車だけに自動ブレーキ搭載が義務付けられそうですが、近い将来必ず全ての乗用車に自動ブレーキ搭載が義務付けられるでしょう。

 

国をあげて力を入れているのが交通安全社会。それは各自動車メーカーも同じです。トヨタやマツダなどの大手自動車メーカーは車、人、道路の3つの視点に立って事故のない安全な社会作りを目指しています。

 

自動ブレーキとは?

Automatic brake3

http://www.autobytel.com/car-buying-guides/features/10-cars-with-automatic-emergency-braking-systems-130830/

 

自動ブレーキとは、その名の通り車が危険を感じたら自動でブレーキをかけるシステムのことです。各メーカーの自動ブレーキはセンサーとブレーキコントロールの組み合わせているもので、事故を回避、少なくともハイスピードでの衝突を回避することを可能にしています。結果的にドライバーだけではなく、歩行者への衝突による衝撃を最小限に抑えることが可能なのです。いくつかの自動ブレーキシステムは完全に事故を回避することができますが、ほとんどはまだ事故による衝突被害を最小限にする役割を担っているものです。ハイスピードでの衝突は低スピード衝突と比べるとずっと死に至る可能性が高いです。そのため自動ブレーキシステムは事故から人命を救うだけではなく、車や公共物に対するダメージをも防ぐことができるのです。

 

自動ブレーキの中にはドライバーアシスタント機能がついていて、ドライバーに知らせてからブレーキをかけます。しかしこのドライバーアシスタント機能がついていない車ももちろんあります。

 

自動ブレーキシステムが作動する仕組み

Automatic brake4

http://www.autobytel.com/car-buying-guides/features/10-cars-with-automatic-emergency-braking-systems-130830/

 

では自動ブレーキシステムはどうやって機能するのでしょうか?各メーカーは独自のブレーキシステムを持っていますが、ほぼすべてのメーカーがセンサー・インプットに頼っています。センサーはレーダーを使っているものもあれば、レーザーを使用しているものも、中にはビデオカメラを使用しているものもあるのです。このセンサーは自動車の前方に何か物体や人がいないかどうかを検出します。もしセンサーが危険となるものを検出したら、センサーは車の速度が前方の物体よりも速いのかどうかを判断します。車と検出した物体のスピード差が激しければ、事故が起きる確率はかなり高まります。そのためセンサーは自動でブレーキをかけるのです。簡単な説明でしたが、これが自動ブレーキシステムの作動する仕組みです。

 

付け加えると、センサーが得た情報から物体との距離を測る以外にも、GPSデータを利用して物体との距離を測るブレーキシステムもあります。

 

自動ブレーキは必要なのか?

Automatic brake5

http://www.autobytel.com/car-buying-guides/features/10-cars-with-automatic-emergency-braking-systems-130830/

 

実は日本の国土交通省は2010年まで自動ブレーキを認めていませんでした。その理由は自動ブレーキにするとドライバーが気を抜いた運転をするようになり、かえって事故を増加させると考えたからです。

 

自動ブレーキ義務化については賛否両論があります。自動ブレーキが義務化されようがされなかろうが、誰もが知っておくべきことはドライバーの注意があってこその自動ブレーキシステムということです。前述したように自動ブレーキだけで完全に事故を回避できるかどうかというとできないことの方が多いです。しかし確実に自動ブレーキ搭載車は事故の被害を最小限にとどめることはできます。

 

もしあなたがいつも細心の注意を払って運転をするのなら、車に自動ブレーキが搭載されていることを忘れてしまうかもしれません。そしてそれはいいことです。しかし万が一のこともあります。人間も常に完璧という訳ではありません。体調がすぐれない時や、薬の副作用、そしてちょっとした気の緩みが事故を起こす原因となるのです。その時に自動ブレーキが搭載されていれば、あなたと歩行者の命は救われるかもしれません。自動ブレーキシステムは元々、集中力が落ちたドライビングのために開発されたものです。おそらくほとんどの方が自動ブレーキシステムの作動する経験を得ることはないでしょう。しかし万が一のためのことを考えると、自動ブレーキシステム搭載車は優れたセーフティーネットになるでしょう。

 

自動ブレーキシステムに使われるシステムは?

Automatic brake6

http://www.autobytel.com/car-buying-guides/features/10-cars-with-automatic-emergency-braking-systems-130830/

 

自動ブレーキシステムの主な使われ方はプリクラッシュと衝突回避です。これらのシステムはドライバーに差し迫った衝突を警告する、シートベルトをしっかりとつけるように促す、そして事故を避けることができる、もしくは事故の被害を最小限にできる行動をドライバーに促します。

 

またプリクラッシュと衝突回避に加え、クルーズコントロールを採用しているメーカーが多いです。クルーズコントロールとは、あらかじめ設定した速度で走行したり、前に現れた先行車と適切な距離(=車間距離)を保ちながら走行できたりするように、自動でスピードを調節する機能のことです。例えば100㎞で定速走行しているとします。先頭車が現れると、センサーが車間距離を計測し、先行車のスピードに合わせて減速するのです。そして先行車が車線変更を行うと、元の定速走行に戻るというシステムのことです。

 

自動ブレーキシステム搭載されたおすすめ車10選

もしかするとすでに自動ブレーキシステム搭載車購入を検討している方、もしくは自動ブレーキシステム搭載車が欲しいなと思い始めている方もいるかもしれませんね。そこで今からは数ある自動ブレーキ搭載車の中から厳選した10選を大紹介します。

 

10.シボレー キャプティバ

 

アメリカのSUVのリーダー的存在がシボレーの7シーター(7人乗り)SUVキャプティバです。洗練され、精悍なエクステリアデザインはまさに新たなSUVといった革新的なものです。フロントフェイスで輝くボウタイエンブレムはシボレーの象徴。ランプにはLEDが使用されています。

 

2.4リッターECOTECHエンジンは力強い走りと環境性能を高めることを実現可能にしています。そのため燃費効率もよく、高いパフォーマンスを誇っています。そんなシボレー キャプティバにはSUVトップクラスの安全性能が搭載されています。なんと欧州の安全評価機関Euro NCAPで最高レベルの5つ星を獲得しています。シボレー キャプティバに搭載された主な安全性能は以下の通り。

 

フロント&リアパーキングアシスト

まずはセンサーを利用したフロント&リアパーキングアシスト。搭載されたセンサーが車両前後の障害物を感知してドライバーに注意を促し、安全な運転へと導きます。さらにリアビューカメラが搭載されているので、駐車する際に見づらい後方も映像で見ることが可能です。

 

・リアクロストラフィックアラート

リアクロストラフィックアラートは駐車スペースからバックで車を出すとき、車の後方を横切る歩行者や車の存在をドライバーに映像と音声で警告するシステムのことです。これは車両に搭載されているレーダーを利用しています。

 

サイドブラインドゾーンアラート

レーダーセンサーがついているのは車両の前後だけではありません。サイドにも搭載されています。このサイドに搭載されたレーダーセンサーは、ドライバーの死角となるエリアに入ってきた車を検知するのです。そして必要ならば、警告ランプを点滅させてドライバーの注意を促します。

 

 

・ESC(エレクトロニックスタビリティコントロール)

コーナリング時に怖いのが、車両が横滑りすることではないでしょうか?キャプティバに乗ると、もうコーナリングも怖くはありません。ESCはコーナリング時に車両が横滑りしそうになると、自動的に4厘にブレーキを制御します。そしてドライバーが走ろうとした道へ自動的に軌道修正を行うのです。

 

その他にも下り坂では自動的に減速するシステム、衝突が起きた際にシートベルトの緩みを取り除き衝突に備えるシステムなどが搭載されています。

 

9.クライスラー300

Automatic brake8

http://www.chrysler.co.jp/300/

 

セダンのクライスラー300はそのクラシックなデザインが彫刻のように美しく大人気です。個性的なフロントグリルとLEDヘッドライトのおかげで現代的でありながらクラシック感あふれるデザインとなっています。3.6ℓペンタスターTMV6エンジンは最適な燃費効率を実現しながら、ワクワクするような走りを実現できました。クライスラー300に搭載されている安全性能は以下の通り。

 

・クルーズコントロール

クライスラー300にはクルーズコントロールが搭載されています。そのため車に搭載されたレーダーが障害物を検知します。もし検知した車がゆっくりと走行していたら、システムが自動的に走行を調整します。そのため常に安全な車間距離を保つことが可能となっています。

 

・エレクトロニックスタビリティコントロール(ESC)

エレクトロニックスタビリティコントロールは、車が車線逸脱の恐れがあると判断したら、ドライバーに警告を行う機能のことです。また内蔵されているアンチロックブレーキシステムは、車に急ブレーキがかかると、最適な停止距離を確保しようとするシステムのことです。クライスラー300には、どんな場面でもドライバーを支援するシステムが搭載されているのです。

-スポンサードリンク-

 

8.ホンダ N-BOX SLASH

Automatic brake9

http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

 

その大胆で個性的なデザインと豪華なインテリアが大人気なのがN-BOX SLASH。何とエクステリアデザインだけではなく、インテリアも6つのデザインから選ぶことが可能で、あなたならではの車になること間違いありません。注目すべきはインテリア。シートアレンジも自由自在で、多くの荷物を積むことができます。さらに8つのスピーカーと1つのサブウーファーが搭載されているので臨場感あふれる音楽を楽しむことができます。そんなホンダの技術がつまったN-BOX SLASHに搭載されている安全性能は以下の通りです。

 

・シティブレーキアクティブシステム

シティブレーキアクティブとは、約30km/h以下での前方車両との衝突の回避・軽減を、自動ブレーキで支援するシステムのことです。また前方に障害物がある際の急発進を予防することも可能です。これで渋滞中の前方車との衝突を回避することができます。

 

・VSA

VSAは雨や雪の日などの急カーブで、車が横滑りするのを防ぐシステムのことです。また障害物を急に避けたときにも、このシステムが作動して車のバランスを保ちます。

 

エマージェンシーストップシグナル

これは走行中にシステムが急ブレーキと判断した際に、リヤランプを点灯して後続車に急ブレーキを知らせる機能のことです。

 

7.トヨタ ヴィッツ

Automatic brake10

http://toyota.jp/vitz/grade/

 

日本でも大人気のトヨタ ヴィッツはトヨタの全技術が搭載された車です。スタイリッシュなデザインのヴィッツのハイブリッド車の燃費は驚きの34.4km/L。細部にまでこだわってデザインされたインテリアは非常に居心地がいいものです。そしてヴィッツの注目するべき点はその安全性能。主な安全性能は以下の通り。

 

・プリクラッシュセーフティーシステム

ヴィッツには高性能レーダーとカメラが搭載されています。レーダーは近距離のものを高性能で検知でき、夜でも高いパフォーマンスを見せます。一方カメラは遠距離まで検知することが可能で、道路の白線や対向車のランプなども識別することが可能なのです。この2つの目が衝突を予防します。レーダーとカメラが衝突を予想すると、警報を発してドライバーに知らせます。また万が一、ブレーキを踏むことが出来なくても、自動ブレーキが作動し衝突を回避しようとします。

 

・レーンディパーチャーアラート

レーンディパーチャーアラートは車線逸脱防止システムのことです。センサーが白線(もしくは黄線)を感知し、ドライバーがウインカー操作によって車線変更を行わない場合、車線を逸脱する可能性を知らせます。

 

・オートマチックハイビーム

夜間の運転は歩行者や物体に気づきにくかったです。しかしオートマチックハイビームは自動でハイビームとロービームを切り替えるので歩行者などの早期発見、転じて事故防止につながるのです。

 

その他にも急加速・急発進防止、急ブレーキを後続車に知らせる機能などが搭載されています。

 

6.マツダ CX-3

Automatic brake11

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

 

スポーツカーのような凛々しさを持ったのがマツダのクロスオーバCX-3です。無駄がなくなるまでそぎ落とされたボディはまるで芸術品のような美しさです。安定した走行を可能としているので、どんなシーンでも楽しいドライブを行うことができるでしょう。デザイン性と高い機能性に目が行きがちなCX-3ですが、安全性能が凄いのです。主な安全性能は以下の通り。

 

交通標識認識システム

走行中に交通標識の情報を読み込んで、その情報をドライバーの目にとまりやすいディスプレイに表示します。さらに制限速度を超えている場合はドライバーに知らせます。

 

・LEDランプによる歩行者認知

夜間歩行者認知システムを搭載している車はたくさんありますがCX-3ほど幅広い範囲で歩行者を認知できるライトはないでしょう。なんと道路端の歩行者まで認識できるようになり、夜間の事故を未然に防ぐことができます。

 

ドライバー・アテンション・アラート

なんとエンジンが始動して65㎞を超えると、ドライバーが疲れていない状態での運転を車が学び始めます。そして学んだ情報と大きく異なる運転が行われた際には、ドライバーに休憩を促すのです。

 

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール

レーダーが先行車との車間距離や速度差を計算します。その計算結果にもとづいて、先行車と安全な車間距離を保ちながら追従走行を行うことを可能にしたのがマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール。長距離走行でのドライバーの負担を減らします。

 

その他にも車線逸脱警報システムやハイビームコントロールシステムなどが搭載されており、安全性能はばっちりです。

 

5.日産 ジューク

Automatic brake12

http://www2.nissan.co.jp/JUKE/

 

メカニックで存在感抜群のボディが格好いいのが日産のジューク。まるでSUV、スポーツカー、そしてコンパクトハッチを融合させたかのようなジュークは、あなたの思い通りの運転を可能にしています。俊敏性がありながら、その車体からは想像がつかない軽いハンドリング。そんな魅力的なジュークに搭載されている主な安全性能は以下の通りです。

 

・エマージェンシーブレーキ

車に搭載されているカメラが前方の車や歩行者を検知します。衝突の可能性が高まるとドライバーに回避するように促します。万が一、ドライバーが回避できなかったとしても緊急ブレーキを自動で作動させます。

 

・アラウンドビューモニター

ジュークにはトップカメラ、フロントカメラ、サイドカメラ、リアカメラの4つのカメラが搭載されています。この4つのカメラを切り替えることで、狭い場所での駐車も楽々行うことができます。また移動物検知機能が、ディスプレイ表示とブザーでドライバーの注意を促します。

 

また車線逸脱警報システムも搭載しいています。

 

4.スバル インプレッサ

Automatic brake13

http://www.honestjohn.co.uk/carbycar/subaru/impreza-ii-wrx-2006/

 

老若男女問わず人気が高いスバルのインプレッサは、全ての人から愛される車と言っても過言ではありません。感動レベルの走りと抜群の機能性を誇っているインプレッサですが、特筆すべき点は世界トップレベルの安全性能です。インプレッサが持つトップクラスの安全性能は以下の通り。

 

・視界性能

運転中にドライバーが頼るほとんどの情報は視界から得たものです。そのことに注目したスバルはピラー形状やドアミラーの位置などを緻密に計算して運転中に死角となる部分を大幅に削減することに成功しました。

 

・アイサイト

スバルといえばアイサイトと称されるほど、政府や国外からも絶賛の声を受けています。アイサイトとは、先行車や歩行者などを見分ける運転支援システムのことです。何とアイサイト搭載車は非搭載車と比べると追突事故の発生率が84%も減少しているのです。

 

人の目と同じように機能するカメラが常に前方を見守っていて、必要に応じて制御を行います。かなり高精度なため人や車だけではなく、白線やガードレールなどもしっかりと認識することが可能なのです。

 

このアイサイトが衝突を防いだり、安全車間距離を保ちながらのクルーズ走行などを可能にしたりしています。ドライバーのよき相棒となるのがアイサイトなのです。

 

3.トヨタ カローラ アクシオ

Automatic brake14

http://toyota.jp/corollaaxio/

 

低重心でスポーティーな見た目のアクシオには「TOYOTA Safety Sense C」が搭載されています。これは発生率の高い事故に対する3つの先進安全装備をセットにしたパッケージのことです。レーザーレーダーと単眼カメラが搭載されており、非常に性能の高い予防安全性を誇ります。なんとJNCAP予防安全性能評価では、最高ランクの「ASV+」を贈られています。誰もが認める安全性能の高い車です。

 

2.フォルクスワーゲン ゴルフ

Automatic brake15

http://www.hubermotorcars.com/whats-difference-vw-golf-golf-gti-golf-r-e-golf/

 

有名自動車ブランド、フォルクスワーゲンが誇るのはゴルフ。歴代の伝統を受け継ぎ、新たな革新をもたらしたゴルフには最先端のテクノロジーが搭載されています。フォルクスワーゲンがいつの時代にも抱えるテーマをご存知でしょうか?それは「安全性能は、すべてに優先する」です。その理念の通りゴルフには世界トップクラスの安全性能が搭載されています。主な安全性能は以下の通り。

 

・アダクティブコントロール

アダクティブコントロールはクルーズシステムにセンサー機能を加えたシステムのことです。センサーが前方車との距離を測り、自動でスピード調整をしながら運転を行います。そのためドライバーの疲労を軽減でき、安全な車間距離をも保つことができるのです。

 

・渋滞時追従支援システム

これはあらかじめ設定しておいたスピードで先行車との距離を保ちつつ、自動走行するシステムのことです。渋滞時にはシステムが自動でアクセル、ブレーキをかけ、さらにステアリングも行います。

 

・スタティックコーナリングライト

低速でコーナリングを行う際に、ウインカーと連動してライトが点灯します。これで歩行者の確認がしやすく、歩行者の注意をも促すことを可能にしているのです。

 

・ブラインドスポットディテクション

車線変更時などドライバーにはどうしても死角ができてしまいます。この死角となった部分に車を検知するとドライバーに注意を促すのです。

 

その他にも車線逸脱警報システムや対向車へのヘッドランプの灯りを軽減するシステムなど多数の安全機能を備えつけています。

 

1.レクサスLX

Automatic brake16

https://lexus.jp/models/lx/

 

世界中を魅了する高級車SUVがレクサスLXです。ダイナミックな走り、高級感あふれるインテリア、そして最新テクノロジーを搭載したLXは敵なしと言っても過言ではありません。もちろん高い機能性だけではなく、安全性能も世界トップクラス。プリクラッシュセーフティーシステム、レーダークルーズコントロール、車線逸脱防止システム、オートマチックハイビームなどの全ての安全機能が世界トップレベルです。安全装備搭載車の購入に迷っている方には、絶対におすすめしたい1台です。

 

自動ブレーキまとめ

Automatic brake17

https://northparklexusatdominion.wordpress.com/2016/12/05/lexus-safety-system-explained/

 

自動ブレーキを始めとする様々な安全機能を見てきましたが、まずは自分自身が安全なドライブを行うことが重要です。あくまでも安全機能は万が一の時のためであり、使用する機会がない方が絶対にいいです。安全機能搭載車はあなただけではなく、あなたの大切な人の命も守ります。ぜひ今回のランキングを参考にして安全機能搭載車の購入を検討してみてください。



車を売買する前に!えっ数十万円も違うの・・・?!

車を売る時だけではなく、車を買う前にも、事前に自分が今乗っている車の相場を査定によって知っておく事はとても大切です。

車を売買するお店で、何も知らずに下取りに出してしまうと競争相手がいない為、確実に損をしてしまいます。

買取りや下取り・廃車で損をしない為に価格をチェック!!

satei01
-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です