現役カーショップ営業マンが明かす!知らないと10万円以上損する車屋の真実

新しい車を買う前に絶対に知っておかないと、10万円以上損をしてしまうことが2つあります。

1つ目は、新しく買う車の正確な自動車保険料、2つ目が今乗っている車の下取りや買取り相場です。

この2つをしっかりと把握しておくことで、新しく買う車の料金交渉を行う以上の金額を浮かすことができるでしょう。

_shared_img_thumb_MAX98_yattazeyossya20140531_TP_V

逆に言うと、この2つを知らなければ数万円、数十万円も損をしてしまうことになることは、99%間違いありません。

何故ならば、車屋さんは、お客さんから、いかに安く車を買い取って高く売ろうか?自分のところで提携している保険会社と契約を結んでほしい!

と考えているからです。

実際に、私も車業界に転職をする前に、2台目に乗り換えた時は、買取り相場よりも20万円以上安く買い取られ、お世辞にも安いとは言えない保険会社に契約をさせられてしまった経験があります。

今ではもう同じような失敗をする事はありませんが、私のように単純なことで10万円,20万円以上の損をしてしまわないように、気を付けておくチェックポイントを2分で読めるように、まとめましたので車を検討する前の参考にしてみてください。


カーショップに勧められた自動車保険会社では絶対に契約をしてはダメ!

まず、乗りたい車が決まったら初めに行っておくべきなのが自動車保険料の相場を知ることです。

多くのカーショップは、自分の会社と保険会社で代理店契約を結んでいることがほとんどです。私が働いている会社も1つの保険会社とだけ契約をしています。

車を買ったときに、自動車保険をすすめられるのは、お客さんが保険も契約してくれれば、その会社に保険会社から手数料の支払いが行われるからです。

kurumaya

ですので、カーショップの営業マンはどこの保険会社が安いということではなく、自社で契約を結んでいる保険会社だけを勧めてくるケースがほとんどです。

車を買ったことがある方ならわかると思いますが、「この保険会社が安いですよ!」とは言っても、「A社は5万円で、B社は6万円で、c社は6万5千円だからA社が1番安くておすすめですよ!」と教えてくれる人っていませんよね?

営業マンとの付き合いや、その場の流れ、自分で探すのが面倒という理由で、そのまま勧められた自動車保険に加入する人もいますが、冷静に考えてみてください。

保険は毎月支払いが発生するものですし、値段も比較せずに、勧められた自動車保険にそのまま加入するという事はあまりにももったいない事です。

スーパーなどで10円の差は気になっても、金額が大きくなると人間はよく比較せずに決めてしまうという統計が出ているようですがその気持ちは凄く分かります。

ですが、車の保険料はどこの保険会社でも一定というわけではなく、保険会社によって大きく違います。

例えば、同じ35歳の方で同じ年式、年間走行距離、補償内容にしたとしても、年間の支払い保険料に1万円以上の差が出る事は珍しくありません。

中には、年間での支払いが3万円以上違うケースさえあります。

1万円程度ならめんどくさいし、カーショップにすすめられた保険会社に入ろう。という方もいると思いますが、5年間乗ったとしたらその違いは5万円です。

しかも保険はどこの会社で入ろうがサービスに大きな違いはありません。だったら少しでも安い会社に入った方がお得ですよね。

そんな時に利用したいのが、自動車保険の一括見積査定サービスです。

自分の年齢や乗りたい自動車を、入力すると、登録している国内のほぼすべての保険会社からメールで、その自動車の保険料を教えてくれるので、見積もりをとった中から、一番安い保険会社と契約を行うだけでまず、年間1万円以上は得をする事が出来るでしょう。

保険料に値引きというものは存在しないので、しつこい電話営業もなく、単純に見積もりをして1番安い自動車保険と契約をすればよいのです。

時期によっては混んでいて、納車前に保険契約が出来なくなってしまうと、車屋がすすめる保険会社に入るしかなくなってしまうので、早めに行っておきましょう。

hoken

何も考えずに下取りに出すのはダメ!!買取り相場についてしっかりと把握しよう!

※こちらは現在既に車を所有している方向けの記事です。

初めて車を買う方は特に必要ありませんので、飛ばしていただいて、最後のまとめから、読んでもらえれば大丈夫です。

新しく車を買う際に、今まで乗っていた車は、多くの場合で車を買うお店で下取りという形で引き取ってもらうか、自分で近くの買取店に持ち込んで売ることになります。

この時、絶対に知っておかなければならないのが、自分の車はいくらくらいで売れるのかという事です。

中古車店で働いている人でしたら、車種や年式を聞いて、業者間のオークションサイトで相場をチェックすれば、一瞬でその車のおおよその値段がわかります。

ですが普段、車と日常的に携わる事のない普通の人が、車の相場を知らないのは当然です。

多くの車屋は、いえ、99%以上のほぼすべてのお店は、お客さんの顔色を伺いながら買取り額を提示してきます。

「この人知らないな。」と思われると、相場よりもかなり低い金額を提示されてしまいます。

kanasii

実際に私が働いているカーショップでも、店長からまずは、相場よりも30-40%低い金額で提示をして、そこから金額をあげていくように指導を受けていましたし、営業マン同士で100万相場の車を10万円で買い取った!!これは歴史に残るぜ!!など、など、ここでは書けないようなお客さんが知ったら怒ってしまうような会話も日常的に行われています。

※誤解を与えないようにフォローしておくと、すべてのお店というわけじゃなく私が昔いたお店ではですよ!

逆にいうと、その車の上限金額というものはほとんどの場合で決まっています。そしてほとんどの場合で車を買うお店で下取りに出すと、間違いなく金額的に損をします。

でわ、そんな状況にならない為には、どうしたらいいのか。という話になりますが、自分で何件も近所の買取り店を回るという方法もありますが、あまりに非効率です。

結論は、車の無料一括見積査定サイトを利用するのが一番簡単で尚且つ、査定金額も一番高くなる事が多いといえるでしょう。

ラジオや雑誌でもとりあげられているので知っている人も多いと思いますが、一括見積査定サイトとは、ガリバーやアップルなどの大手から地元で営業をしている中小のカーショップまで自分の乗っている車を一括で査定してくれるサービスの事です。

相場を知れるだけではなく、複数のカーショップに自動無料見積もりをする事で金額を競わせることが出来るので、必然的に1社に聞くよりも値段も跳ね上がります。

実際に、下取りではなく一括見積査定サービスを使うことで、査定額に40万円以上の違いがでたケースも多く存在しますので、車を購入する前に見ておくことはもはや必須です。

上場企業が運営していて個人情報保護、安全なカーショップのみ登録を許可している、1番有名なズバット車買取りを使っておけば間違いはありません。

ズバットだけでもまず一番高い査定額を提示してもらうことが出来ますが、万が一、まだ金額に納得がいかなければ簡単車査定ガイドを補足的に使ってみるとよいでしょう。

ziodu

 これから車を購入する方は損をしないように気を付けてください!

いかがでしたでしょうか?

以上、現役営業マンが語る車屋の真実、車を購入する前に行っておきたい2つの事をまとめてみました。

この2つ事を知っているか知らないかだけで10万円や20万円は当たり前に違ってきます。

_shared_img_thumb_max16011542_TP_V

車は毎年買い替える物でもありませんし、損をしてしまわない為にもまずはチェックをしておいてください。

参考サイト

自動車相場はコチラ

自動車保険はコチラ